大会名 第23回ピクニックラン桜江

大会详细

开催日?天候 2019年7月14日(日)?昙
参加者 サスケ,テツ???21km
和崎???10km
コメント
第23回ピクニックラン桜江21㎞の部に出场し1°51′19″で完走しました。URC関系者ではテツさんとツガニさんが21㎞の部を完走されていました。皆様お疲れ様でした。
広岛では昨夜遅くまで雨が降っていましたが,本日コース上では雨は降りませんでした。しかし,路面はいたるところが濡れており,走り终えたときには靴は雨の中を走ったのと変わらない状态になっていました。
7时20分顷に受付会场に到着した顷には腹具合の方がよろしくない状态になっており,受付会场付近では雉撃ちはできそうになかったので,大会プログラムを确认することもなくスタート地点へ移动するためのバスに乗り込みました。スタート地点では全く待ち时间なしで雉撃ちを完了し,最初の関门をクリアしました。
9时30分に号炮一発でレースが始まり,晴れてはいないものの湿度が高くてすぐ体中から汗がしたたり落ちてきました。コースは2㎞余り走ったら川越大桥で江の川を渡り,江の川左岸のあまり広くない市道を昨年廃止された三江线の线路迹ともつれ合いながら走るようになっていました。桜江大桥の南诘から従来のコースを走るようになりますが,10㎞の表示が手元のGPS计测で10.9㎞地点にあり,距离表示ははっきり言っていい加减でした。
中间点までを可もなく不可もなくのペースで走り,自分の周囲を走る选手はほとんど変わらないまま後半の山坂区间に入りました。ここでも大失速といった感じではないものの,かといってペースの落ちた选手を次々と抜いていくということもなく,残り5㎞地点を通过しました。脚にダメージは感じないもののペースアップはできずじまいで,顺位を大きく落とすこともなく反対に大きく上げることもなく淡々とゴール地点を通过しました。终わってみれば终始昙天で焦热地狱に陥ることはなかったものの,体から喷き出す汗の量は晴れて焦热地狱となったときと変わらず,やはり7月の大会は暑いのだと悟りました。
(サスケ)

10kmの部に参加しました。
昨年は豪雨で中止,一昨年は晴れて暑かったと记忆しています。今年は前日の雨が上がって昙り空となり,走ると蒸し暑く感じましたが,10kmに限ればエイドで定番のかぶり水を利用するランナーは见かけませんでした。
3km过ぎの船坂峠は,上り坂の中间とピーク地点にエイドが置かれています。一昨年に谷侧の木が伐采されて见晴らしが良くなったため,中间エイドの手前から峠のピークらしきものが见えるようになったのですが,これが実は「伪ピーク」で,意外に近いなと思って中间エイドを过ぎると,その後かなり距离が长く感じられ苦労します。今回これにだまされ,少し歩いてしまいました。また,上りの途中で濡れた路面に足を取られそうになったので,下りでスリップしないよう少しスピードを落としたので,少し时间を食ってしまいました。
长谷を过ぎてゴールまでの最後の上りはスローペースながら走りきれました。タイムは1时间3分18秒で,前回より约4分短缩。しかし,その前年(1:01:20)には及びませんでした。
风の国温泉は,男汤/女汤の浴室がこれまでと逆になり,少し狭くなった気がします。脱衣所,洗い场がかなり混雑しました。
(和崎)



记録
选手名 部  门 タイム 顺 位 备  考
サスケ マラソン21km男子 1:51:19 145 完走者512名
テツ 2:13:32 329
和崎 マラソン10km男子 1:03:18 117 完走者257名
利用温泉 风の国温泉
その他