大会名 2019えびす?だいこく100㎞マラソン(第26回)

大会详细

开催日?天候 2019年5月12日(日)?晴
参加者 サスケ???个人の部
テツ???チームの部
コメント
~10㎞56′53″
~20㎞70′16″
~30㎞70′56
~40㎞62′03″
~50㎞66′12″
~60㎞64′58″
~70㎞71′07″
~80㎞94′43″
~90㎞65′48″
~ゴール65′20″
第26回えびす?だいこく100㎞マラソンに出场して11°28′20″で完走しました。顺位は男子112位でした。10㎞ごとのラップは左のとおりです。

通常5月の最终日曜日に开催される本大会が,今年は10年ごとに松江市で开催されるホーランエンヤに日程が重なるということで5月第二日曜日の开催となりました。来年は通常通り五月最终日曜日の开催となるようです。
今年は100㎞を走り切ることができる脚を作ることができた自信があったので,完走はもちろん11°を切ることを目标にしました。しかし,晴れて朝の気温が下がったことと,序盘は山中を走ることが多く体が冷えたため腹具合が悪くなり,笠浦のエイドまでで三度の雉撃ちに见舞われ目标达成が困难になってきました。また,序盘のコースが以前の法田峠を越えるルートに戻っていましたが,前半区间の道路改良工事の进展に伴ってバイパスを経由してコース短缩した个所を清算するためか,法田集落に出たところの丁字路を一旦右折し1㎞以上走って折り返すようにコース変更がされていました。
25㎞を过ぎると気温も上がってきて腹具合も落ち着きを取り戻したので,それまでの遅れを挽回すべくペースアップすることができました。特に岛根原子力発电所浦の片句の坂は随分距离が短く感じられ,ランナーズハイの絶顶期だったかもしれません。鹿岛のエイドまでを无难に走り抜き,前二回はまともに走れなかった区间に突入してもしばらくは坚调でした。しかし,长江のエイドから津ノ森のエイドまで6㎞余の距离があるうえ,再び腹具合が悪くなる倾向があったことからペースが落ち,津ノ森エイドから次の园町エイドまではひたすら歩きました。园町エイドで雉撃ちを済ますと残り20㎞でペースを上げることを试みました。すると,不思议と脚が动き11°30′を切ることができました。
これで本大会9度目の完走を果たし,後1回の完走で憧れの青ゼッケンを手にしエントリーしさえすればスタートラインに立つことができます。何とか来年で达成できることを目指します。

(サスケ)

私はリレーで、フォーゲルパークから95kmまでの约23kmを走りました。
おそらく大会最高齢を含む5人のチームだったこともあり、走れる者は少しでも长く走ることにし一人一回走りで临みました。(実际はラストの5kmは第一走者に再度走ってもらいましたが)
タスキを受けると追い风もあり思ったより体が动いたので気持ちは5分を少し切るくらいの速度で、10km过ぎくらいまでは走れたでしょうか? もちろんその後は练习距离に応じて失速しましたが。时计を持たず走ったので时间はアバウトですが、结局昨秋のとみくじハーフと同じ、キロ5分30秒くらいでの走りでした。
でも、思ったより体が动いたので、个人の部とリレーの部を含め絶えないランナーが良い目标となって追い抜きながら走れたのはそれなりに面白かったです。
(テツ)
记録
选手名 部  门 タイム 顺 位 备  考
サスケ 100km个人男子 11:28:20 112/121 部门/総合
利用温泉  
その他