大会名 第32回べっぷ鹤见岳一気登山大会

大会详细

开催日?天候 2019年4月14日(日)?昙
参加者 テツ???いだてん天狗タイムレース
コメント 第32回べっぷ鹤见岳一気登山大会(距离约12km、标高差约1,300m)に参加しました。
天候は昙り空で风もほとんどなく絶好のマラソン日和でした。

前夜体重を测ると约"70Kg"??? あれぇっ! 最近测ってなかったけど思っていたより2~3kg重たい。昨年の同时期よりは练习もしたつもりだったので、昨年の记録くらいは行けると思っていたが、少々不安に。。。
9时丁度に号炮がなってスタートです。スタート直後は2~300mの直线でこれまでのように大势のウォークの参加者が见送ってくれます。(写真では、まだ人はまばらです)
直线が终わり近くの歩道桥を渡ると、まずはロープウェイ高原駅(7~8km先)を目指し境川の河川敷(3km程度)をアップダウンしながら上っていきます。このスタート地点から高原駅までの区间は、苦しくてもできれば歩きたくはないところ。ただ、河川敷と言っても平坦部分はほとんどなく阶段や凸凹も多く、もちろん上り基调のコースは距离以上に难コースでのんびり走らせてはくれません。当然消费期限切れ(後述)の私は1时间を切れず、当然ゴールは2时间を軽く超えています(悲)。
こんなはずではなかったと思うも体は动かず息も荒い。青色吐息でやっと第2チェックポイントの堀田天満宫にたどりつくと、スタッフの方が「このあたり(顺位)の方はしっかり押してあげた方がよかろう」と、笑いながら胸のナンバーカードにチェック印をクッキリと押してくれた。ん~ん、确かに私の前後には足取りの重たい者ばかりだなぁと悔しいが纳得。
高原駅に着くまでに、何人かのウォークの部に参加のランナーに追い抜かれますが、高原駅まで1km程度になったとき、小学5年の少年まで现れました。急な上りに挂かり、抵抗する気もなく直ぐに道を譲りましたが、この後この少年がこの日の私のペースメーカーになりました。
高原駅を过ぎると舗装路を経て未舗装の山道がゴールまで続きます。山道に入る顷には私の周りに走っている者はほとんどいませんがここからが正念场です。如何に止まらず如何に早く歩けるか、根性と体力が试されます。
少年は私の视界から消え去るかと思いましたが、背の低い彼は急坂に苦労しているようで、やがて抜き返せることができましたが、しばらくは振り向くと数10m後に彼が顽张っている姿がありました。やっとのことでゴールした时には、振り向いても彼の姿はありませんでしたが、追い付かれまいと子ども相手にいくらかムキになっていたおかげで顽张れたということでしょう。
记録は、昨年より6分遅く2时间18分13秒で130/175位の自己ワースト3でした。6分程度なら五十肩で腕が思うに振れないことや70kgの体重が影响したものと自分を慰めましたが、下山後Fujita氏に连络を入れると「もう消费期限切れております、ゴールできればOKです」との优しい返信がありました(ト?ホ?ホ?ホ?ホ)。2时间を切っていたのは随分前になりましたが、また挑戦したいと思います。
余谈ですが、今年は若くて强い女性が増えたように感じました(気のせい?)。皆さん、久し振りに挑戦しませんか。

 
记録
选手名 部  门 タイム 顺 位 备  考
テツ いだてん天狗タイムレース 2:18:13 130  
利用温泉  
その他